診療科・部門案内
診療科
消化器外科

腹腔鏡下手術の紹介

担当医師

医師

中川 真英

<専門領域・資格等>

消化器外科
一般外科
日本外科学会専門医
日本外科学会認定医

腹腔鏡下手術の特徴

腹腔鏡とは、お腹の中を観察する直径1cm程の筒状の内視鏡で、この腹腔鏡を使ってする手術を腹腔鏡下手術といい、全身麻酔で行われます。 実際には、お腹に1cm前後の小さな傷を何カ所かつけて、お腹に穴を開け、1つの穴には腹腔鏡を挿入してお腹の中をテレビモニターに映して観察し、別のいくつかの穴から、鉗子という細いマジックハンドの様な器具を使って手術をするものです。 お腹を大きく切開しないことで、手術後の痛みが少ない、術後の回復が早い、傷が小さく美容的、などという利点があり、さらに傷が小さいことで術後の癒着が少ないことも挙げられます。 一方、腹腔鏡下手術では出血があると手術操作に支障が生じ、また止血が困難な場合があるために、極力出血しないよう通常の手術よりもきめ細かくていねいな手術操作が必要です。

この手術は1990年頃より日本で行われるようになりましたが、当初は胆石の患者さんに対しての胆嚢摘出術がほとんどでした。 しかし、その後手術が進歩して、今では胃や大腸などの複雑な手術にも応用されるようになりました。 腹腔鏡下手術として、胆石に対する胆嚢摘出術はすでに確立した外科治療の手段となっています。

腹腔鏡下手術は手術治療の内の1つの選択枝となりますが、同じ病名でも病状(進行度や炎症の程度、全身状態など)により、この手術の対象とならない場合があります。胃、大腸、その他の消化器臓器の手術では十分な術前精査の後に患者様への十分な説明と同意のもと手術方法を検討しています。また腹腔鏡下手術が途中何らかの理由で続行困難な状況になれば開腹手術にきりかえて、手術治療を完遂することになります。

業務領域

当科で施行している腹腔鏡下手術

  • 胆嚢結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • 総胆管結石症に対する腹腔鏡下胆管切開+胆道ドレナージ
  • 早期胃癌、胃腫瘍に対する腹腔鏡下幽門側胃切除、胃部分切除
  • 大腸癌、大腸腫瘍に対する腹腔鏡下大腸切除
  • 巨大肝嚢胞に対する腹腔鏡下嚢胞開窓術
  • 腸閉塞症に対する腹腔鏡下癒着剥離術
  • 診断的腹腔鏡検査
  • その他の腹腔鏡手術(鼡径ヘルニア等)