診療科・部門案内

リハビリテーション室

スタッフの紹介

理学療法士

若宮 賢司(リハビリテーション室長)
松岡 久美
池田 隆
石松 正樹
升水 亮一
渕上 優司
小山 謙志
安陵 暢浩

作業療法士

沖本 義英
阿南 政憲
赤田 敏嗣
菅  邦彦

言語聴覚士

溝口 奈桜

リハビリテーション室の特徴

担当医師、看護師、理学療法士(8名)、作業療法士(4名)、言語聴覚士(1名)、助手(1名)、ソーシャルワーカーの一体となったチーム医療体制で、地域医療に取り組んでいます。患者様の訓練状況に関しましては、ご家族様への説明もいたしますので、お気軽にお声をかけてください。

業務領域

運動器リハビリテーション(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
心大血管疾患リハビリテーション(Ⅱ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

部門

理学療法部門

理学療法部門は、患者様の基本動作及び歩行能力の獲得を援助する職種です。当院は特に高齢者の患者様が多く、骨折の術後や、脳血管疾患等で転院される患者様に加え、腰椎圧迫骨折や、内部障害の患者様等に対して援助させていただいております。患者様のニーズにできるだけお応えできるように努力してまいります。

作業療法部門

作業療法とは心身に疾患及び障害を持った方に対し、日常生活の応用的動作獲得を援助する職種です。当院では整形疾患(手や肩)や脳血管疾患を罹患された方を中心に援助させて頂いています。脳血管疾患では、麻痺など目に見える障害だけでなく、高次脳機能障害も大きな問題となります。そういったことの評価・介入も作業療法の領域です。患者さまのQOLが少しでも高まり、日々の生活を楽しく過ごして頂けるよう尽力いたします。

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法とは病気や老化、事故の後遺症によって話すこと・聞くこと・飲み込むことなどが不自由になった方々に対して評価・訓練・指導を行う職種です。言葉で思いを伝えられる喜びや、食事を口から食べれる楽しみを支援します。また、意思伝達手段を早期に確立し、自分らしく生活が行えるようにコミュニケーション面にもアプローチを行います。人対人としてお互いに共感できたと実感する時間を共有して、心理的側面から寄り添えるように努力します。