診療科・部門案内

地域医療連携部

スタッフ紹介

地域医療連携部長

永吉 靖央(循環器内科部長)

看護師長

山崎 ひとみ

社会福祉士

永野 康弘(精神保健福祉士)
阿南 加奈子

地域医療連携室の特徴

阿蘇医療センターでは阿蘇地域の基幹病院として、より多くの人々に医療を提供するとともに、当センターでの治療を終了した患者様が継続的で適切な医療サービスを受けることができるよう「地域医療連携室」を開設しております。

患者さんや家族、医療機関からの相談・問い合わせ等について、関係機関ときめ細かい連携を図り、患者サービス向上のための活動を行っています。

業務領域

患者様の退院支援業務

  • 退院後の療養(在宅医療,施設療養)の相談、調整
  • 医療、福祉関係機関との連絡調整、連携会議

患者様の各種相談業務

疾病による心理的、社会的、経済的問題や家族関係等の悩みの相談対応、公費医療制度の案内、手続きの説明

地域連携業務

  • 患者様の他医療機関への紹介業務
  • 他医療機関からの紹介患者の受け入れ
  • 他医療機関、行政機関、福祉施設等との情報交換
  • 地域医療連携システム(IDリンク)の運用
  • 地域連携クリティカルパス(阿蘇版)の運用

患者様の紹介・受入

阿蘇医療センターにこれまで患者の皆様を紹介したことがなく、どの診療科に紹介してよいかわからない。複合的症状等で、患者の皆様をどの診療科に紹介してよいかわからない。このような場合には「地域医療連携室」にお問い合わせください。

地域医療連携室では、次のようなお手伝いをします。

  1. 社会福祉の制度、介護サービス、訪問看護などの情報を提供します。
  2. 必要なサービスの内容・料金などについて調べ、ご紹介します。
  3. 適切な施設・病院等に連絡をとりご紹介します。
  4. 退院後の生活に向けての準備のお手伝いをします。
  5. 在宅療養の仕方、介護方法の相談をお受けします。