診療科・部門案内
看護部

看護研修

新人看護師支援システム

年間プログラム新人看護師にはプリセプターナース(新人看護師指導者)がつき、3ヶ月を1クールとして段階的なスキル獲得をサポートします。現場教育には師長をはじめ先輩看護師がマンツーマンで指導いたします。
まずはプリセプターナースに同行し同じ業務を行い、分からないことはすぐに相談してください。一つ一つ進んでいきましょう。また、各種研修や講習は積極的に参加できるよう病院全体でサポートしています。
あなたの看護師としてのステップアップをお手伝いさせてください。

院内の見学も随時お受けしています。お気軽にお申し出ください。

研修のようす

新規採用者研修(看護技術)①

喀痰吸引機の講習会

喀痰吸引機の講習会

喀痰吸引機の講習会で練習中。
相手はマネキンですが、新人看護師は非常に真剣に取り組んでいました!

(新人看護師コメント)
練習とはいえすごく緊張しました。
そんなとき先輩から「はじめから出来る人はいないよ」と優しく声をかえけられ。肩の荷が降りた気がしました。実際に患者さんに処置する時に向けて一生懸命頑張ります!!

新規採用者研修(看護技術)②

輸液ポンプの扱い方

輸液ポンプの扱い方

輸液ポンプの扱い方をプリセプターナースが新人看護師に一つ一つ伝えていきます。
左:プリセプターナース、右:新人看護師

(新人看護師コメント)
これからの業務で機械の操作が不安でしたが、先輩に丁寧に教えていただけたので安心できました!また一つ成長したみたいでほこらしいです♪

新規採用者研修(人工呼吸に関する研修)③

災害の場面を想定

災害の場面を想定

災害の場面を想定し、訓練を行いました。
災害拠点病院として、住民の方々の生命を守ることも大切なつとめです。

(新人看護師コメント)
緊迫した雰囲気のなかでの訓練。
きびきびと動く先輩方が、いつにも増して頼もしく思えました!

新規採用者研修(静脈注射基礎研修)④

静脈注射の研修

静脈注射の研修

みんなで静脈注射の研修中
文字通り先輩の”腕”をかりた研修です。

(新人看護師コメント)
練習といえど、先輩の腕をかりた練習。すごく緊張しました。
けれど先輩が「みんな通る道、リラックスしてやってみて」と励ましてもらい、緊張が和らいだことが思い出深いです。
先輩方、ありがとうございました! !