診療科・部門案内
看護部

看護研修

教育理念

看護部理念に基づき、患者の信頼が得られる患者中心の質の高い看護が提供できる看護師を育成する。

教育方針

  1. 臨床現場に即した効果的な研修実施により、自律的看護実践ができる看護師の育成と看護の質向上を図る
  2. 当院のクリニカルラダーシステムに基づき、看護実践、管理、教育、研究に必要な知識・技術・態度に関する教育機会を提供する
  3. 専門職業人として自覚と責任を持ち、患者・家族・医療チーム内での良好な人間関係が構築できる人材育成

目標管理

個人での年間目標を作成し、上司との面接で修正を図りながら、個人のキャリアアップを目指している。

院内教育

新人・中途採用者・中堅・管理者と段階的に計画を立てて教育を行っている。特に新人・中途採用者については、中途離職につながらないように、集合教育と現場教育できめ細かい支援を行っている。中堅以上については、院外教育の機会を与えるように計画している。

院外教育

熊本県看護協会、自治体病院会、日本病院会、各種学会・研究会主催の研修会に、年間計画を立て、公的及び自主的に参加している。

新人教育体制

新人看護師には、プリセプターナース(新人看護師指導者)がつき、3ヶ月を1クールとして段階的なスキル獲得をサポートします。現場教育には師長をはじめ先輩看護師がマンツーマンで指導いたします。
まずはプリセプターナースに同行し同じ業務を行い、分からないことはすぐに相談してください。一つ一つ進んでいきましょう。また、各種研修や講習は積極的に参加できるよう病院全体でサポートしています。
あなたの看護師としてのステップアップをお手伝いさせてください。

院内の見学も随時お受けしています。お気軽にお申し出ください。

新人教育研修プログラム 年間スケジュール

新人教育研修プログラム 年間スケジュール

新人教育研修プログラム 年間スケジュール

 

 研修報告

平成30年度 「新規採用者(新人)オリエンテーション」を実施しました。

新規採用者8名と阿蘇市民病院職員3名を含めた計11名で「新規採用者オリエンテーション」を実施しました。
研修の日程は、4月2日~4月6日、4月19日の計6日間で行われ、先輩看護師が講師となり、看護管理(倫理綱領、接遇、身だしなみ)、心電図のとり方、吸引方法、急変時の対応(ロールプレイ)、輸液ポンプ・シリンジポンプの使い方等、実践に則した形で研修を行いました。
参加された新看護職員の方々も看護実践が多いためイメージし易く、経験看護師の方は振り返りの機会となりました。

研修プログラム内容

新規採用者オリエンテーション①

目標: 看護師としての心構えを学び、基本的能力を身につけ、患者対応が実践できるようにする。

研修プログラムスケジュール(5日間)
 日程  内容
4月2日(月曜) 看護管理(倫理綱領・接遇・身だしなみ・報告連絡相談)
感染防止の基礎
医療安全の基礎
4月3日(火曜) 病棟概要、外来概要
看護記録について
入院の流れ
内服・注射について
心電図のとり方
酸素・吸引療法
4月4日(水曜) 検体の取り扱い方
皮膚ケア
口腔ケア
入浴について
シーツ交換実践
4月5日(木曜) 急変時対応(ロールプレイ)
搬送方法
4月6日(金曜) 輸液ポンプ・シリンジポンプの使い方

 

新規採用者オリエンテーション②

目標: 看護師としての心構えを学び、基本的能力を身に着け、患者対応が実践できるようにする。

研修プログラムスケジュール(1日間※)
日程 内容
4月19日(木曜) 夜勤業務
血糖・インスリン注射
経管栄養について
死後の処置について

※例年は2日間

研修の様子

口腔ケア

研修の様子(口腔ケア)

輸液ポンプ

研修の様子(輸液ポンプ)