診療科・部門案内
看護部

看護研修報告

看護の気づき研修を実施しました。

平成30年9月12日(水曜)に当院講堂にて看護の気づき研修を実施しました。

気づき研修では、自己の看護実践を振り返り、実践にひそむ価値や意味を見出し、また、事例のプレゼンテーションが出来る事を目的に実施しました。対象者は入社1年目の8名で、2つのグループに分かれてそれぞれの事例を発表し、意見交換を行いました。

新人、経年者といましたが、意見交換をする中で継続看護の必要性、患者に寄り添う看護など各自さまざまな気づきをしていました。今回の経験を今後の実践に生かすことによって、状況に沿った看護実践や看護観の形成を育成するサポートになると思います。また、今回の学びを看護の実践に生かして振り返る3か月後レポートを予定しています。

意見交換の様子

意見交換の様子

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度 高校生1日看護体験を実施しました。

受入れ日:平成30年7月25日

看護師の魅力を知ってもらおうと、県の委託を受けて看護協会が「高校生1日看護体験」を毎年実施しています。当院では、今年を含めて4回目の受け入れとなりました。
今年は、高校生6名が参加し、各病棟に分かれて入浴介助の見学、車いすでの移送、入浴後のケア等を体験して頂きました。

看護体験に参加された高校生からは、次のような感想を頂きました。
「やりがいのある仕事だと思いました。」
「患者さんから感謝の言葉をもらって嬉しかった。」等

将来、看護師を目指そうとする高校生には、貴重な体験になったのではないでしょうか。

看護ケアの様子

看護ケアの様子

移送の様子

移送の様子

 

 

 

 

 

 

平成30年度 静脈注射研修を実施しました。

平成30年5月30日(水曜)に静脈注射研修を実施しました。
今年度は、2名の新人看護師さんが入職しました。先輩看護師の静脈注射指導者のもと、シミュレーターを使って実技研修を行いました。
皆さん、緊張した表情でドキドキしながら研修していました。同時に院内静脈注射指導者の育成研修も行いました。

研修の様子

研修の様子

研修の様子

研修の様子

 

 

 

 

 

 

平成30年度 インターンシップを実施しました。

平成30年5月14日(水曜)にインターンシップを実施しました。
今回は、九州看護福祉大学より1名ご参加いただきました。
希望部署であった病棟で、先輩看護師と共に様々な看護を体験しました。
このインターンシップを通じて、阿蘇医療センターで働イメージにつながり、更に先輩看護師と共に病棟を体験することで看護師の仕事の流れや病棟の雰囲気を掴んでいただいたのではないしょうか。

インターンシップ終了後に、お礼のお手紙を頂きました。

お礼のお手紙

お礼のお手紙

 

平成30年度 新規採用者(新人)オリエンテーションを実施しました。

新規採用者8名と阿蘇市民病院職員3名を含めた計11名で「新規採用者オリエンテーション」を実施しました。
研修の日程は、4月2日~4月6日、4月19日の計6日間で行われ、先輩看護師が講師となり、看護管理(倫理綱領、接遇、身だしなみ)、心電図のとり方、吸引方法、急変時の対応(ロールプレイ)、輸液ポンプ・シリンジポンプの使い方等、実践に則した形で研修を行いました。
参加された新看護職員の方々も看護実践が多いためイメージし易く、経験看護師の方は振り返りの機会となりました。

研修プログラム内容

新規採用者オリエンテーション①

目標: 看護師としての心構えを学び、基本的能力を身につけ、患者対応が実践できるようにする。

研修プログラムスケジュール(5日間)
 日程  内容
4月2日(月曜) 看護管理(倫理綱領・接遇・身だしなみ・報告連絡相談)
感染防止の基礎
医療安全の基礎
4月3日(火曜) 病棟概要、外来概要
看護記録について
入院の流れ
内服・注射について
心電図のとり方
酸素・吸引療法
4月4日(水曜) 検体の取り扱い方
皮膚ケア
口腔ケア
入浴について
シーツ交換実践
4月5日(木曜) 急変時対応(ロールプレイ)
搬送方法
4月6日(金曜) 輸液ポンプ・シリンジポンプの使い方

 

新規採用者オリエンテーション②

目標: 看護師としての心構えを学び、基本的能力を身に着け、患者対応が実践できるようにする。

研修プログラムスケジュール(1日間※)
日程 内容
4月19日(木曜) 夜勤業務
血糖・インスリン注射
経管栄養について
死後の処置について

※例年は2日間

研修の様子

口腔ケア

研修の様子(口腔ケア)

輸液ポンプ

研修の様子(輸液ポンプ)