診療科・部門案内
診療科

循環器内科

スタッフ紹介

循環器内科部長
兼地域医療連携部長

宮本 信三

宮本 信三

宮本 信三

専門領域・資格等

循環器疾患全般
虚血性心疾患
心血管インターベンション
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
日本内科学会認定医・総合内科専門医

 

 

医師

木村 優一

木村 優一

木村 優一

専門領域・資格等

循環器疾患全般
日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会認定医・総合内科専門医

 

 

非常勤医師

藤末 昴一郎(熊本大学医学部附属病院)

非常勤医師

老松 優(熊本大学医学部附属病院)

診療科の特徴

当科では循環器専門診療を行っています。対象となる疾患は虚血性心疾患、心不全、高血圧症、不整脈、末梢動脈疾患などです。新病院となり熊本市内の循環器専門施設とほぼ同様の検査・治療が可能となりました。

問診で狭心症などが疑われる場合、心エコー、運動負荷心電図などの生理検査を行った後、必要に応じて冠動脈CTを行います。さらに精査が必要な場合は入院で冠動脈造影を行います。ステント治療などが必要と判断された場合は、血管内超音波を用いることで適切な治療ができるように心がけています。また、心筋梗塞など緊急治療が必要な疾患も、迅速に治療できる体制作りを行っています。外科手術が必要な症例については熊本大学付属病院を初めとする高度医療センターと連携して診療をすすめています。

徐脈性不整脈に対してはペースメーカー植え込みも当院で行っています。ペースメーカーはMRI対応機種を積極的に選択し、ペースメーカー術後の検査に支障がないようにしています。遠隔モニタリングを利用し、阿蘇圏域でのペースメーカー管理を新たに構築していく予定です。

その他のトピックスとして、当科では日本における臨床エビデンス作りに貢献するため、他施設共同研究に積極的に参加しています。近年、睡眠時無呼吸症候群と心疾患との関連が報告されていることから、睡眠時無呼吸外来をあらたに開設しました(担当:由布医師)。いびき、無呼吸、日中の眠気が気になるは一度受診をされてみてください。また、H27年度より学校の心臓健診も開始致しました。

阿蘇地域は高齢化が進み、糖尿病、高血圧など冠危険因子の合併も多い土地柄です。また脳梗塞の原因となる不整脈は年齢とともに増加することが知られています。熊本大学の応援もあり、新患外来は毎日行っています。胸痛、動悸、息切れ、足のむくみ、不整脈等の症状がある方はいつでも受診してください。

主な診療領域

◇循環器内科一般 ◇虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)◇心筋症 ◇心臓弁膜症 ◇急性・慢性心不全 ◇不整脈 ◇先天性心疾患(小児を除く) ◇高血圧症 ◇肺塞栓 ◇深部静脈血栓症 ◇肺高血圧症 ◇心筋炎 ◇大動脈疾患(大動脈瘤など) ◇閉塞性動脈硬化症 ◇感染性心内膜炎 ◇心外膜炎 ◇心タンポナーデ ◇心臓腫瘍

検査・診断方法

◇聴診 ◇血液検査・BNP測定・トロポニンT ◇心電図 ◇運動負荷心電図 ◇24時間Holter 心電図 ◇心臓超音波検査 ◇経食道心臓超音波検査 ◇血管超音波検査 ◇心臓カテーテル検査 ◇心筋生検  ◇冠動脈造影3D-CT ◇心臓・血管MRI検査 ◇Tilt試験 ◇過換気負荷試験 ◇ABI(上肢・下肢血圧比) ◇血管内超音波検査(IVUS) ◇冠動脈循環予備能検査(CFR) ◇EndoPAT-2000(血管内皮機能検査)

治療方法

  • 薬物療法、経皮的冠動脈形成術、冠動脈ステント植え込み術、冠動血栓吸引術
  • ペースメーカー植え込み術、心嚢穿刺・心嚢液ドレナージ、下大静脈フィルター留置術、PCPS,IABPによる補助循環
  • 食事療法、運動療法
  • 在宅酸素療法、夜間陽圧酸素療法、心不全に対する在宅酸素療法、手術適応疾患の外科紹介

診療表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診・再診 木村優一 木村優一 宮本信三
老松 優
藤末昴一郎 宮本信三