診療科・部門案内
診療科

乳腺・内分泌外科

スタッフの紹介

非常勤医師

岩瀬 弘敬(熊本大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 教授)

<専門領域・資格等>

日本外科学会理事・代議員・指導医・専門医
日本乳癌学会理事・専門医・指導医
日本内分泌学会代議員
日本内分泌外科学会評議員
日本内分泌・甲状腺外科専門医
日本癌治療学会欧文誌編集委員
日本臨床腫瘍学会評議員・暫定指導医

診療科の特徴

乳癌を始めとした乳腺疾患の診断、薬物療法を中心として、内分泌臓器である甲状腺、副甲状腺の外科的治療を担当しています。

<熊本大学医学部付属病院との連携について>
特に乳癌では根治性を損なわないように手術療法を縮小化する方向にあり、整容性にすぐれた乳房温存手術とセンチネル(見張り)リンパ生検による腋窩リンパ節郭清の省略が可能です。また、「画像ガイド下組織吸引装置」による生検を数多く経験しており、非触知の微細石灰化病巣に対しても確実な診断が可能です。薬物療法の経験は豊富であり、ガイドラインに準拠した化学療法、ホルモン療法、分子標的治療を行っています。
さらに乳癌患者を精神的に支援するサポートグループも運営されており、定期的に会合が持たれています。甲状腺、副甲状腺疾患の外科治療については出来るだけ創を小さくし、形成外科的な処置を行うことで美容的、機能的にも優れた方法で行っています。

主な診療領域

乳腺疾患の診断・治療

乳房のしこり、血性乳頭分泌、乳癌検診異常(特に微細石灰化病巣)の精査、ホルモン療法、分子標的治療

甲状腺癌、良性甲状腺腫瘍、バセドウ病の管理

 

検査・診断方法

乳腺疾患

マンモグラフィ、乳腺超音波検査、穿刺吸引細胞診、乳房MRI

甲状腺・副甲状腺疾患

甲状腺・副甲状腺超音波検査、穿刺吸引細胞診

治療方法

乳癌の集学的治療

  • 各種薬物療法(ホルモン療法、化学療法、分子標的治療)
  • 緩和医療

診療表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診・再診 休診 休診 岩瀬弘敬
(第3水曜日)
休診 休診